ミルクの調乳に適した水とは

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを導入するメリットとは?

赤ちゃんやママにとってのメリットとは!?赤ちゃんが生まれた、もしくはこれから生まれるという方の中には、赤ちゃんのために家庭内でウォーターサーバーを導入することを検討している方も多いかもしれません。ここでは、ウォーターサーバーを導入することで得られるメリットの中でも、特に赤ちゃんにとってのメリットと、子育てを行う親にとってのメリットについて解説したいと思います。

赤ちゃんにとってのメリット

安全な水を飲ませられる

生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が低く、塩素などの不純物が混入した水道水を飲ませると下痢などの症状を引き起こすことが考えられます。そのため、調乳においては水道水を利用することは避けなければなりません。

その一方でウォーターサーバーの中でも特に硬度が低いRO水や天然水、一部のミネラルウォーターは、塩素などの不純物も含まれていない安全性の高いものであるため、赤ちゃんに与える水としても適しており、調乳に使用する水としてもおすすめです。

このようにウォーターサーバーは、赤ちゃんにとって有害でない安全性の高い水を確保できるという点で大きなメリットがあります。

離乳食作りでも利用できる

一方で赤ちゃんは1歳を過ぎたころから徐々にミルクを飲むことをやめるため、調乳におけるウォーターサーバーの利用期間は、せいぜい1年程度となります。

しかしながら、ミルクを飲むことをやめた赤ちゃんは離乳食を食べながら徐々に固形の食べ物に慣らしていく必要があるため、離乳食の調理においてもウォーターサーバーは活用することができます。

このように、赤ちゃんがいる家庭でのウォーターサーバーの利用は、調乳だけでなく離乳食作りにおいても可能なため、より長く活用ができるという点でもメリットがあります。

子育てを行う親にとってのメリット

水を買いに行く必要がない

出産前の妊婦さんの場合もまた、安全性の高い水や食べ物を摂取する必要がありますが、ミネラルウォーターなどのペットボトル入りの水は重量があるため、妊婦さん自身が買い物に行き、自宅まで持って帰るのは困難であることも少なくありません。

しかしながら、特にボトル型ウォーターサーバーの場合は、業者が水の入ったボトルを定期的に配達しに来るので、水を買うためにわざわざ店舗に出向く必要がありません。また、業者によっては配達の時間指定が可能なので、受け取ってくれる人が自宅にいる時間に配達の指定をすれば、妊婦さんが重たいボトルを受け取る必要もなく、体への負担を軽減できるという点で大きなメリットがあります。

調乳に時間を取られない

赤ちゃんが生まれた後は粉ミルクとお湯を混ぜて調乳を行い、一日に数回に分けてミルクを与えなければなりません。しかしながら、赤ちゃんは夜中にミルクを欲しがることもあるため、その場合、わざわざ起きてお湯を沸かし、調乳を行わなければならないこともあります。

その一方で特に温水機能が搭載されたウォーターサーバーが自宅にあると、煮沸消毒の必要がない安全性の高い水を使用してすぐに調乳が行えるため、夜中に赤ちゃんがミルクを欲しがった際にも時間を取られず、貴重な睡眠時間を削る必要もありません。