ミルクの調乳に適した水とは

赤ちゃんがいる家庭に合ったウォーターサーバーのボトルの特徴は?

赤ちゃんがいる家庭に合ったウォーターサーバーのボトルの特徴は?ウォーターサーバーの中でも特に知名度が高く、多くの人が使用しているのがボトル型ウォーターサーバーです。しかしながら、最近ではこのボトル型ウォーターサーバーの中にもさまざまな機能が搭載されているものがあるため、導入を検討する際にはその中から赤ちゃんがいる家庭での使用に合ったものを選ばなければなりません。

ここでは、ボトル型ウォーターサーバーの中でも特にボトルの特徴について、赤ちゃんがいる家庭での使用に適しているものについて考えてみたいと思います。

足元交換タイプ

ボトル型ウォーターサーバーの多くは、サーバーの上部にボトルを取りつける構造となっていますが、この場合、重たいボトルをサーバーの上部に取りつけることで安定感がなくなり、地震が発生した際に転倒事故を起こし、赤ちゃんが巻き込まれてしまうこともあるかも知れません。

また、それだけでなく、ボトルを上部に取りつけるウォーターサーバーの場合、重たいボトルを持ち上げて交換を行わなければならないため、特に妊婦さんにとっては交換自体が困難であるというデメリットもあります。

一方で最近ではボトルを足元に取りつけるタイプのウォーターサーバーも登場しています。このようなタイプのウォーターサーバーでは、バスケット型のケースにボトルを入れ、サーバー内部にスライドさせるだけで簡単に交換が行えるため、妊婦さんでも簡単にボトル交換を行えます。

しかしながら、このような足元にボトルを取り付けるタイプのウォーターサーバーは、ポンプによって水を給水口までくみ上げるため、その起動音がうるさく、寝ている赤ちゃんを起こしてしまうかもしれません。また、このタイプのウォーターサーバーで使用するボトルは容量が少ないため、交換は簡単である反面、回数は多くなるというデメリットもあります。

軽量ボトル

また、ボトル型ウォーターサーバーで使用するボトルは、容量が多い分ボトル自体も重くなっていることがあり、その点でも妊婦さんにとっては交換が困難となる場合があります。

そのため、赤ちゃんや妊婦さんがいる家庭でボトル型ウォーターサーバーを導入する際には、軽量ボトルを使用したものを選ぶと妊婦さんでも楽に交換が行えます。

しかしながら、軽量ボトルは潰しやすいペットボトルなどにも使用されている素材が使われていることが多いため、床に落としてしまうと水の重みによって衝撃が強くなり、ボトル自体が破損してしまうこともあります。そのため、特に赤ちゃんがいる家庭では安全性という面で軽量ボトルにはデメリットがあるといえます

水道直結型ウォーターサーバー「Cool Qoo」がおすすめ

以上のように妊婦さんや赤ちゃんがいる家庭では足元にボトルを取りつけるタイプや、軽量ボトルを使用するウォーターサーバーが威力を発揮しますが、その反面いくつかのデメリットが存在します。

一方で水道に接続して使用する水道直結型ウォーターサーバーの中でも「Cool Qoo」は、ボトルに関するデメリットがないだけでなく、内部の自動クリーン機能なども搭載しているため、赤ちゃんや妊婦さんがいる家庭での使用にもおすすめです。