ミルクの調乳に適した水とは

赤ちゃんがいる家庭で効果を発揮するウォーターサーバーの機能とは?

赤ちゃんがいる家庭で効果を発揮するウォーターサーバーの機能とは?ウォーターサーバーの中でも特にボトル型のものは多くの業者が取り扱うようになっており、ウォーターサーバーの機能の多様化も顕著になっています。そのため、中には赤ちゃんがいる家庭での使用に適した機能が搭載されたウォーターサーバーもいくつか存在し、そのような家庭でウォーターサーバーの導入を検討する際には、機能面に関してもよく比較する必要があります。

そこで、今回は赤ちゃんがいる家庭での使用時に大きな効果を発揮するウォーターサーバーの機能を3つ挙げ、ご紹介したいと思います。

チャイルドロック

赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんが誤ってウォーターサーバーの給水レバーに触れてしまうことがあるかも知れません。特に給湯機能が搭載されているタイプのウォーターサーバーの場合、これによって赤ちゃんが火傷をしてしまうこともあるため、注意しなければなりません。

実際にこのような事故は頻発していた時期があり、2015年ごろには各メディアにてその報道がされ、その危険性が指摘されていました。そのため、それ以降ウォーターサーバーを取り扱う各業者では、ウォーターサーバーの給水レバー上部にチャイルドロックをつけることが多くなり、赤ちゃんの火傷事故も少なくなりました。

このような経緯があったことから、現在では逆にチャイルドロックがついていないウォーターサーバーのほうが少なくなりましたが、卓上タイプなどの一部のウォーターサーバーには依然としてチャイルドロックがついていないものも存在するため、業者を選ぶ際にはその有無もしっかりと確認するようにしてください。

温度調節

赤ちゃんがいる家庭では、特に調乳においてウォーターサーバーの水を使用することを想定しているかもしれません。しかしながら、多くの粉ミルクはお湯で溶かすことを推奨しているため、常温の水しか出ないウォーターサーバーだと、調乳をするために一度沸騰させなければならなくなります。

そのため、調乳でのウォーターサーバーの使用を想定している場合は、必ず温水機能が搭載されているものを選ばなければなりません。また、温度調整ができないウォーターサーバーの場合、お湯で粉ミルクを溶かした後は、冷水を注ぐなどして温度調整を行う必要がありますが、温度調整ができるタイプのウォーターサーバーの場合は、最初から適温のお湯を注ぐことが可能なため、手間を省けるというメリットもあります。

内部の自動清掃

赤ちゃん用のミルクを作る際にウォーターサーバーの水を利用する場合、サーバーの内部に黒カビなどが発生し、衛生状態が悪くなっていると、水の品質にも悪影響を及ぼすことが考えられます。そのため、ウォーターサーバーは定期的な清掃を行い、常に清潔な状態に保たなければなりません。

しかしながら、ウォーターサーバーはレンタルをする形で使用していることが殆どであるため、気軽に分解をし、内部を清掃することはできません。そのため、内部機器の自動清掃機能が搭載されているものであれば、サーバーの内部の衛生状態も良好に保つことができ、赤ちゃんへ悪影響が及ぶことも防止できます。