ミルクの調乳に適した水とは

生後間もない赤ちゃんが毎日飲むミルクは、赤ちゃんの体に合った安全性の高いものでなくてはなりません。ウォーターサーバーの水は総じて不純物の処理などが十分に行われた安全性の高いものではありますが、一様に赤ちゃんのミルク作りに利用する水としても適しているということはできません。そこで、今回は赤ちゃんの体に合ったウォーターサーバーの水の選び方について解説したいと思います。

ウォーターサーバーの導入メリット

まずは赤ちゃんのためにウォーターサーバーを導入することによって得られるメリットについて確認しておきましょう。

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを導入するメリットとは?

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを導入することで得られるメリットは、赤ちゃんにとってのメリットと子育てを行う親にとってのメリットの2種類が存在します。

このうち赤ちゃんにとってひとつめのメリットは、安全性の高い水を飲ませることができるという点です。特にウォーターサーバーの水と使用されることが多いRO水や天然水は、不純物の含有量が極めて少ないだけでなく、赤ちゃんの体に合った軟水でもあるため、調乳に使用する水としても最適です。

ふたつめのメリットは、離乳食づくりにおいても利用できるという点です。特に1歳を過ぎた赤ちゃんは離乳食を食べながら徐々に固形の食べ物にも慣れていかなければならないため、その過程において安全性の高いウォーターサーバーの水は非常に有益な存在となります。

一方、子育てを行う親にとってのメリットとしては、水を買いに行く必要がないという点が挙げられます。特にボトル型ウォーターサーバーの多くでは、業者が水の入った状態のボトルを配達してくれるため、スーパーに買いに行く必要がなく、赤ちゃんがいる家庭だけでなく、妊婦さんがいる家庭にとっても大きなメリットがあります。また、業者によっては配達時間を指定できることもあるため、旦那さんが自宅にいる時間に配達をしてもらえば、配達時にボトルを受け取ることによってかかる妊婦さんへの負担も軽減することができます。

その他にも、調乳に時間を取られないという点が挙げられます。通常、赤ちゃんには一日に数回ミルクを与えなければなりませんが、その時間は夜中になることも少なくありません。そのため、場合によっては就寝中に赤ちゃんの泣き声で起こされ、お湯を沸かしてミルクを作らなければならなくなることもありますが、ウォーターサーバーの給湯機能を利用すれば、すぐにミルクを作ることができ、貴重な睡眠時間を必要以上に削らずに済みます。

赤ちゃん向けウォーターサーバーの選び方

赤ちゃんがいる家庭でウォーターサーバーを選ぶ際には、サーバーの特徴ごとに異なる点に注意する必要があります。続いては、その特徴、および注意点をいくつかに分け解説したいと思います。

赤ちゃんと妊婦さんのための水選びでの注意点とは?

赤ちゃんと妊婦さんが飲む水を選ぶ際に安全性を重視しなければならないことはいうまでもありません。また、その際には特に以下の3点について気をつける必要があります。

硬度

特に生まれたばかりの赤ちゃんの場合は胃腸の免疫力が弱く、硬度が高い水を飲んでしまうとそれに含まれるミネラルが胃腸を刺激することによって下痢などの症状を引き起こすことがあります。そのため、赤ちゃんに与える水は硬度が低い軟水でなければなりません。

ウォーターサーバーに使用される水はミネラルウォーター、天然水、RO水などが多いですが、このうちミネラルウォーターの中には硬度が高い硬水に該当するものが多く、ウォーターサーバーを選ぶ段階では、水の種類とその硬度について注意しなければなりません。ただし、ミネラルウォーターの中にも硬度が高いものと低いものが存在するため、気になる場合は業者に問い合わせてみるのがおすすめです。

pH値

pH値とは水に含まれる水素イオンの濃度を表し、これによってその水が酸性であるか、あるいはアルカリ性であるかといったことが判断できます。

pH値に関する図それに対し、人間の体のpH値は約3.7程度となっており、これは弱アルカリ性に該当します。人の体はこの数値が酸性、アルカリ性のどちらかに偏ってしまうと体調不良を起こすことがあるため、特に赤ちゃんの場合は注意しなければなりません。また、この数値は普段飲む水のpH値の影響を受けるため、酸性、アルカリ性の水を飲むと同様に体調不良を起こすことがあります。

そのため、特に免疫力が低い赤ちゃんには体のpH値と同じ弱アルカリ性の水を与える必要があり、そのことはウォーターサーバー選びにおいても考慮しなければなりません。

処理方法

水の安全性の程度はその処理方法によっても異なります。殆どの場合、ウォーターサーバーの水は塩素などの不純物のろ過が行われていますが、その方法によってはろ過が不十分となっていることもあります。

処理方法に関する図そのため、処理方法からウォーターサーバーを選ぶ際には、特にろ過精度が高いナノ技術を応用して製造された逆浸透膜(RO膜)を利用する方法で処理が行われた水を使用しているものを選ぶのがおすすめです。

特に目の細かいフィルターでもある逆浸透膜は、一般的なフィルターでは除去しきれない細かな不純物の除去も可能となっており、それによって生成された水は赤ちゃんや妊婦さんに飲ませても問題がないほど安全性が高くなっています。

赤ちゃんがいる家庭に合ったウォーターサーバーのボトルの特徴は?

赤ちゃんがいる家庭でウォーターサーバーを導入する際にはボトルの特徴についても注意が必要です。ここでは特に多くのウォーターサーバーで使用されている2種類のボトルについて解説します。

足元交換タイプ

ボトル型ウォーターサーバーは、ボトルをサーバーの上部に取りつける構造になっているものが多いですが、そのようなタイプのものの場合、取りつけに手間がかかるだけでなく、サーバー自体が安定しないため、地震時に転倒事故が発生し、赤ちゃんが巻き込まれてしまうこともあるかも知れません。

しかしながら足元にボトルを取りつけるタイプの場合、交換が簡単なだけでなく、地震時の事故の危険性も少ないため、赤ちゃんや妊婦さんがいる家庭での利用にも適しています。ただし、このタイプの場合、水をくみ上げる際のポンプの稼働音がうるさいことがあるというデメリットも存在します。

軽量ボトル

つぶしやすいペットボトルに使用されることも多い軽い素材を使用した軽量ボトルは、水が入った状態でも比較的楽に交換が行えます。

一方でこのタイプのボトルは、素材がもろく、誤って落下させてしまうと破損の危険性もあるため、特に赤ちゃんがいる家庭では安全面においてデメリットも存在します。

以上のように、ウォーターサーバーで頻繁に使用されている2種類のボトルには共にデメリットも存在します。

その一方で、家庭内の水道に直結させて使用する水道直結型ウォーターサーバー「Cool Qoo」は、ボトルを使用しないため、その交換に関する手間がかからないだけでなく、上述したような事故の危険性もありません。そのため、特に赤ちゃんがいる家庭や妊婦さんがいる家庭ではより安全に使用できるウォーターサーバーといえます。

赤ちゃんがいる家庭で効果を発揮するウォーターサーバーの機能とは?

ウォーターサーバーにはさまざまな機能が搭載されており、その違いもまたウォーターサーバー選びにおいて重要となります。ここでは赤ちゃんがいる家庭での導入に際し、特に重視すべき機能を3つご紹介します。

チャイルドロック

赤ちゃん赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんが誤ってウォーターサーバーに触れてしまうことによって発生する火傷事故に注意しなければなりません。特に調乳を目的としてウォーターサーバーを導入する場合、そのサーバーには給湯機能がついていることが殆どであるため、尚更注意が必要です。

しかしながら、現在ではこのような事故を防止するためのチャイルドロックが給水口のレバーの上部についていることが多くなっており、逆にチャイルドロックがついていないウォーターサーバーを見つける方が難しいかもしれません。

温度調節

粉ミルクとポット調乳時の使用を目的にウォーターサーバーを導入する場合、温水機能が搭載されたものを選ぶ方が殆どかと思われますが、温度調節機能もついていないものを導入してしまうと、粉ミルクを熱湯で溶かした後、冷水を入れて温度調整を行わなければならず、結局手間がかかってしまうことが考えられます。

そのため、ウォーターサーバーを選ぶ際には温度調節機能が搭載されていることも重視する必要があります。

内部の自動清掃

細菌調乳でウォーターサーバーを使用する場合、水の安全性には特に注意しなければなりません。しかしながら、ウォーターサーバーの水自体は安全性が高くても、サーバーの衛生状態が悪いと給水されるまでの過程でサーバーの内部で繁殖した細菌や黒カビなどが今夕してしまうこともあるかも知れません。

そのため、赤ちゃんがいる家庭でウォーターサーバーを導入する際には、内部の自動清掃機能などがついたものを選べば、衛生状態の維持も可能となり、安全性の高い水を調乳に利用することも可能となります。

1カ月にかかるウォーターサーバーのランニングコストは?

ウォーターサーバーを使用する上でどれくらいの費用が必要になるのか知りたいという方もいらっしゃることでしょう。続いては、ウォーターサーバーを使用する上でかかる1カ月あたりのランニングコストについて解説します。

水代

ウォーターサーバーの水は種類によって値段が異なりますが、特に安い天然水やRO水だと500mlあたり55円程度のものも存在します。

一方で赤ちゃんが1カ月に消費するミルクの量は約18,000mlとなっており、そこから算出すると1カ月あたりの水代は約1,980円となります。

しかしながら、ウォーターサーバーを取り扱っている業者の多くは水が入ったボトルの最低注文本数を設けており、殆どの場合、水の容量に換算して24L程度は1カ月に購入しなければなりません。そのため、実際にかかる1カ月当たりの水代は2,640円程度が最低でも必要な価格となります。

レンタル代

ウォーターサーバーは殆どの場合業者からレンタルをする形となるため、その使用にあたってはレンタル代が発生します。その価格は500円~1,200円程度が相場となっており、特に小さい卓上タイプなどの場合は300円程度の場合もあります。

しかしながら、昨今ではレンタル代を無料としている業者も多くなっているため、条件面で妥協をしなくても、レンタル代がかからない業者を探すことは比較的簡単になっています。

電気代

ウォーターサーバーの稼働にかかる平均的な電気代は300円~800円程度が平均的な価格となっていますが、ボトルを足元に設置するウォーターサーバーの場合、ポンプを使用して給水口まで水をくみ上げることから、電気代は1,000円を超すこともあります。また、温水機能を頻繁に使用する場合、金額はさらに高くなることもあります。ただし、最近ではエコモードが搭載されたウォーターサーバーも多くなっているため、それを利用すれば、温水機能を頻繁に使用しても電気代を節約することが可能です。

以上のことから、ウォーターサーバーの1カ月あたりのランニングコストは、水代2,640円+レンタル代850円+電気代550円=4,040円が平均的な金額といえます。ただし、水の種類などによってはこれ以上の金額になることもあるため、あらかじめ業者に見積もりを依頼するのもおすすめです。

赤ちゃん向けウォーターサーバーのメンテナンスとボトルの種類

最後にウォーターサーバーのメンテナンスについて、ボトルの種類から考えてみたいと思います。

使い捨てタイプ

使い捨てタイプのボトルは上述したとおりつぶしやすい素材で作られているため、一般ごみとして捨てることができるという特徴があります。また、そのまま捨ててしまって問題ないことからボトル自体の衛生状態を気にする必要がなく、当然メンテナンスの必要もありません。

しかしながら、この点も上述しましたが、使い捨てタイプのボトルはもろい素材が使用されているため、落下事故などの危険性があるという点で赤ちゃんがいる家庭での使用には、必ずしも向いているとはいえません。

返却タイプ

一方で返却タイプのボトルは、業者が空になったものを回収し、洗浄を行った後、水を入れた状態で再び出荷します。しかしながら、このタイプのボトルの場合、業者によっては洗浄が十分に行われていないことも考えられるため、衛生状態に関して、必ずしも安全性は保障されないと考えたほうがよいでしょう。

以上のように、衛生面に問題がなく、メンテナンスの手間もかからないという点で使い捨てタイプには一定のメリットがありますが、ボトルの破損事故などの危険性を考えると赤ちゃんのいる家庭での利用には必ずしもおすすめはできません。

一方でボトルを使用しない水道直結型ウォーターサーバーの中でも「Cool Qoo」は、有人的メンテナンスや内部の自動クリーン機能などもつくため、メンテナンスや衛生面に関するデメリットは極めて少なく、赤ちゃんがいる家庭での利用にもおすすめすることができます。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

 初期費用月額費用電気代メンテナンス代
Qool Qoo4,200円(税別)※プランによる4,200円(税別)※プランによる
水925円(税抜き)~
月800円程度年1回※無料
ピュアウェーブ無料4,200円(税別)
※水12L
月1,000円程度無料
楽水無料※プランによるサーバー572円(税抜き)~4,250円(税別)月1,000円程度無料

1位 COOL QOO(クールクー)

COOL QOO(クールクー)

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

  • 30代女性の口コミ

    今では、この自動給水式ウォーターサーバー「CoolQoo」と出会って、ウォーターサーバーのストレス全てから開放された気分です!

  • 20代女性の口コミ

    これまでいろいろと美容にお金をかけてきましたが、この圧倒的コストパフォーマンスからは、もう抜けだせません!ウォーターサーバーよりも安くて、びっくりだらけです!

公式サイトはこちら

2位 ピュアウェーブ

ピュアウェーブ

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

公式サイトはこちら

3位 楽水(らくみず)

楽水(らくみず)

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

公式サイトはこちら